ドローンを使った調査って
どうなの?

ドローンを使った
損害調査とは

損害保険会社でドローン(無人航空機)を使った建物への損害調査が普及しはじめました

もともとは、震災や火災、洪水などの水災などの大規模な自然災害の後、人が立ち入るのに危険な場所に、ドローンを飛ばして画像データを集め、AIでデータ解析するという手法でしたが、家屋の調査にも使われるようになってきました。

ここでは、ドローンを損害調査に使うメリットやデメリットについてみていきましょう。

ドローンを調査に使う
メリット

  1. 工場・倉庫・マンションなどの規模の大きな建物の調査がしやすい
  2. 老朽化した建物や被災した建物など、危険な場所も撮影できる
  3. 足場を組んで人やカメラが調査するよりも、安く時間短縮ができる

ドローンを調査に使う
デメリット

  1. 障害物が多い住宅密集地での調査に向いていない
  2. 障害物と一定の距離を保つ必要があり、接近したアングルの写真が撮りにくい
  3. 損害箇所だけをピンポイントで撮影するのが難しい

目視点検・高所点検カメラ・ドローン屋根点検の違い

ここでは、建物の屋根の被害を点検する方法「目視点検」「高所点検カメラ」「ドローン屋根点検」を比較してみましょう。

目視点検

正確さ
安全性
早さ
価格 ×
注意点 足場を組まなければ、職人の安全確保ができないので足場代が必要

高所点検カメラ

正確さ
安全性
早さ
価格
注意点 専用の三脚を設置するスペースが必要で、家の立地条件によっては死角ができる

ドローン屋根点検

正確さ
安全性 ×
早さ
価格
注意点 真上からしか撮影できず、ドローンが建物に接触して傷つけたり、墜落するリスクがある

ドローン調査では正確な
調査は難しい?

ドローンを飛ばすためには、国土交通省が発行する無人航空機の飛行許可が必要になりますが、ドローンは操縦が難しく、強い風の影響で思ったところに飛ばすことができなかったり、機体が障害物や家屋に接触して破損したり、墜落して建物を傷つけたりするリスクがあります。

住宅が密集している地域だと、屋根などを真上からしか撮影できず、わずかな屋根の歪みや、ひさしや雨どいなどの劣化を発見できない場合があります

しっかりと調査して
欲しいなら目視の
サポート会社に依頼しよう

職人による目視の調査は、足場代や人件費など、ドローン調査より割高になることがありますが、「今の自分の家の状態を、細かいところまできちんと知りたい」と思われる方は、しっかりと職人が目視で調査する、火災保険申請サポート会社を利用することをおすすめします

他に読まれている火災保険申請サポートについてのQ&A

火災保険申請サポート会社に依頼後の流れ

この記事では、作成が非常に煩雑な火災保険の保険金申請を火災保険申請サポート会社に依頼した時の、具体的な手続きの流れや、ポイントについて解説しています。

火災保険申請サポート会社に
依頼したときの流れの詳細をみる

経年劣化だと申請できないの?

火災保険で保険金が支払われない「経年劣化」の特徴や、「自然災害による破損」との見分け方についてご紹介しています。さらによくある経年劣化の例や実際にあった例を用いて解説もしています。

火災保険においての経年劣化の
対応についての詳細をみる

火災保険申請に必要な書類は?

この記事では、火災保険金を請求する時に必要になる主な書類を紹介。具体的に10種の書類について解説しています。損害度合いによってはさらに必要な書類もあるのでその場合の解決策も紹介。

火災保険申請に必要な書類について
詳細をみる
会社の信頼度で選ぶ⽕災保険申請サポート会社 オススメ3選

火災保険申請サポート会社の中から、豊富な実績を誇る3社を多い順にピックアップ!各社の信頼度を表す実績・認定率・手数料(2021年5月調査時点)で比較しました。

ミエルモ
実 績
5,000件/年
認定率
90%
手数料
給付金の
33〜38.5%(税込)※1
※1.事例に掲載して良い場合の手数料が33%
ONE'S BEST
実 績
1,300件/年
認定率
90%
手数料
保険⾦の
44%
キャリアーク
(火災保険申請ドットコム)
実 績
1000件/年
認定率
記載なし
手数料
保険⾦の
38.5%
火災保険申請サポート会社について
もっと知りたい⽅はコチラ