火災保険申請サポートのことがよく分かるサイト│かほしん » 火災保険申請なんでもQ&A » 火災保険申請サポート会社に依頼したときの流れを教えて

火災保険申請サポート会社に依頼したときの流れを教えて

火災保険申請
サポート会社とは

火災や台風、地震や大雨などで家や家財道具に損害を受けた時、保険会社に連絡すると保険金が支払われるケースがありますが、被害の調査や申請書類の作成が非常に煩雑です。 その面倒な調査や書類作成を代行してくれるのが、火災保険申請サポート会社。

火災保険申請サポート会社を利用することで申請時にかかる多くの手間を各段に省くことができます。

火災保険申請サポート会社に依頼する時の流れ

ここでは、実際に火災保険申請サポート会社に依頼した時の流れについて説明します。

1.問い合わせ

ネット上の「お申し込みフォーム」から問い合わせます。1営業日中に返信メールが届かない場合は、再度問い合わせましょう。

問い合わせと言っても、ご所有物件の築年数や保険会社について数件の質問に解答するだけの簡単な問い合わせです。

2.火災保険の契約内容の
確認・申請用紙を
取り寄せる

保険会社から申請用紙を取り寄せます。契約内容によっては、調査対象にならないケースもあるので、契約書の内容を確認しましょう

3.電話で聞き取り調査・
Web契約・調査日決定

サポート会社から電話による必要事項の確認があります。疑問点があれば担当者に聞きましょう。

その後、メールで契約書が送られてきて、Web契約し、物件の調査日程が決まります。

4.物件調査
(サポート会社が担当)

物件の調査時間は1時間程度で、室内調査は立ち合いが必要になることがあります。

成果報酬型のサポート会社の場合、被害がなければ契約終了。調査費用は0円です

5.資料の作成
(サポート会社が担当)

被害が見つかった場合、サポート会社が保険会社に提出するための資料(見積もり・報告書)を作成します。申請書類への記入もアドバイスしてくれます。

6.保険会社へ書類の提出
(契約者本人が提出)

サポート会社が用意した資料と、契約者が用意した申請書類を、必ず保険契約者自身が保険会社に提出しなければなりません

7.指摘事項への対応
(サポート会社が担当)

保険会社が「現地確認が必要」と判断して、書類申請を認めない場合は、サポート会社が現場に立ち会って被害状況の説明を行います。

8.申請結果の通知・
支給額の確認

保険会社から申請結果の連絡があり、指定の銀行口座に保険金が振り込まれます。

9.報酬の支払い

「被害が契約の対象外だった」「申請内容が認められなかった」などの理由で、保険金が受け取れなかった場合、成果報酬型の火災保険申請サポート会社なら報酬を払う必要がありません。

保険金を受け取れた時は、保険金総額の33%~(税込)程度を報酬として支払います

火災保険申請サポート会社へ依頼を検討してみる

保険金を請求する書類に不備があった場合は、保険金が支払われないこともあるので、「自分で調査して書類を作るのは自信がない」と思われた方は、火災保険申請サポート会社の利用をご検討されてはいかがでしょうか

他に読まれている火災保険申請サポートについてのQ&A

火災保険申請に必要な書類は?

この記事では、火災保険金を請求する時に必要になる主な書類を紹介。具体的に10種の書類について解説しています。損害度合いによってはさらに必要な書類もあるのでその場合の解決策も紹介。

火災保険申請に必要な書類について
詳細をみる

ドローンを使った調査ってどうなの?

この記事では、ドローンを使った火災保険の損害調査について、メリットやデメリット、他の方法との比較結果などについてその他の点検と比較し解説します。

ドローンを使った調査についての
詳細をみる

火災保険申請を依頼したら手数料はどれぐらい取られる?

火災保険申請サポート会社とリフォーム会社に火災保険申請を依頼する場合の手数料の比較や、それぞれの特徴などについてまとめています。

火災保険申請の
手数料についての詳細をみる
会社の信頼度で選ぶ⽕災保険申請サポート会社 オススメ3選

火災保険申請サポート会社の中から、豊富な実績を誇る3社を多い順にピックアップ!各社の信頼度を表す実績・認定率・手数料(2021年5月調査時点)で比較しました。

ミエルモ
実 績
5,000件/年
認定率
90%
手数料
給付金の
33〜38.5%(税込)※1
※1.事例に掲載して良い場合の手数料が33%
ONE'S BEST
実 績
1,300件/年
認定率
90%
手数料
保険⾦の
44%
キャリアーク
(火災保険申請ドットコム)
実 績
1000件/年
認定率
記載なし
手数料
保険⾦の
38.5%
火災保険申請サポート会社について
もっと知りたい⽅はコチラ